メールマガジンに登録する
成功夫婦

結婚がプラスになる人、結婚がマイナスになる人

世の中には、「結婚がプラスになる人」と、「結婚がマイナスになる人」がいます。

 

両者の違いは、どこにあるのでしょう?

 

成功夫婦になる人は、もちろん、結婚したことで、人生が大きくプラスになった人たちです。

 

結婚したことで、より健康になったり、お金が増えたり、才能が開花したり・・・

 

運も良くなった!というのも成功夫婦に多い共通点です。

 

しかし一方で、多くのカップルが結婚したことで、マイナスの影響を受けています。

 

一緒にいると疲れたり、お金がなくなっていったり・・・

 

これは、嬉しくないですよね?

 

それに、才能を開花させるどころか、才能を押し殺さなければならなくなったり・・・

 

なぜ、カップルによって、このような違いが出てしまうのでしょうか?

 

その答えは、実は「結婚」ならではの特徴にあります。

 

「結婚」と言えば・・・

 

そう!

 

「制約」です(笑)

 

「愛」と答える人もいるかもしれません。

 

でも、結婚が「制約」だからこそ、「縛られたくない」という話が出てくるわけです。

 

「結婚は足かせ」「結婚に縛られたくない」などなど、みんな「結婚=制限」だと言います。

 

確かに、その通り。

 

結婚は「制限」であり、「制約」なのです。

 

しかし・・・

 

ここが非常に重要なのです!

 

実は、「制約」が成功夫婦になれるかどうかのポイントでもあるのです。

 

ちょっと考えてみてください。

 

「制限」や「制約」って、本当に悪いことなのでしょうか?

 

「制限」の反対語は、もちろん「無制限」です。

 

「無制限」とは、果てしないことであり、切りがないこと。

 

だから、なんだかとっても素敵なことのような気がしますよね?

 

でもね☆

 

無限に広がるものを前にすると、人は、思考停止状態になってしまうものなのです。

 

なぜって?

 

選択肢が多過ぎて、何も考えられなくなるから。

 

思考停止になると、人は現状を維持します。

 

たとえ、それがベストな状態ではなくても。

 

それって、本当に素敵なことなのでしょうか?

 

「制限」の同義語・類語は、結婚の魅力を教えてくれます。

 

「制限」の同義語は、「制御」、「限定」、「減軽」、あるいは「指定」、「予約」。

 

それが、「制限」や「制約」の同義語たちなのです。

 

例えば、無秩序な毎日と、ある程度コントロールできる毎日。

 

どっちが暮らしやすいのでしょうか?

 

乗り物に乗るとしたら、「自由席」と「指定席」。

 

どっちがいいでしょうか?

 

レストランに行くとしたら、たまたま立ち寄るのと「予約」していく場合。

 

どんなふうに扱われるでしょうか?

 

私たち夫婦は、思います。

 

結婚は「制限」であり、「制約」です。

 

だからこそ、素晴らしい恩恵がある、と。

 

パートナーが「限定」されているからこそ、お互いの魅力を発見し合う楽しみがあるのです。

 

つまり、逆説的ですが、成功夫婦とは、「制約」を活かす夫婦のことなのです。

 

それだけではありません。

 

「制限」があるからこそ受け取れる、最高の恩恵。

 

それは、「創造的」になれることです。

 

「制限」があるからこそ、「制約」があるからこそ、選択肢が「限定」されるからこそ、

 

人は、本当の意味で「創造的」になれるのです。

ABOUT ME
赤城夫婦
赤城夫婦
「7つの習慣・結婚編」の日本人初の公認講師。 オンライン動画の受講生は2万人を超え、世界45ヶ国に広がる。著書「マリッジ・プレミアム-仕事の成功を約束する結婚生活の送り方」は、2万部のロングセラー。夫婦で、執筆・講演・コンサルティングを行う。最新刊は「家族>仕事で生きる。」現在、京都在住。
理想のパートナーが見つかる
完全ガイドブック

何から始めたらいいか、ステップバイステップで、100ページに渡って、解説しました。このガイドブックを読み終えたら、きっとあなたの行動に変化が訪れるはずです。そして、そう遠くない段階で、理想のパートナーがあなたの目の前に現れるでしょう。

 今すぐダウンロードする