fbpx
LINEに登録して限定情報を手に入れる
成功夫婦

結婚がプラスになる人、結婚がマイナスになる人

結婚の制限はクリエイティブをもたらす

結婚がプラスになる人とマイナスになる人の違い

世の中には、「結婚がプラスになる人」と「結婚がマイナスになる人」がいます。

両者の違いは、どこにあるのでしょう?

私たち夫婦は、仕事も家庭もどちらも上手くいっている夫婦のことを「成功夫婦」と呼んでいます。

この「成功夫婦」になる人は、結婚したことによって、人生が大きくプラスになった人たちです。

結婚したことで、より健康になったり、お金が増えたり、才能が開花したり・・・。

実は、経済用語で「マリッジ・プレミアム」と呼ばれる、結婚したことで得られる恩恵が、プラスの結婚にはあります。

運も良くなった!というのも「成功夫婦」に多い共通点です。

しかし一方で、多くのカップルが結婚したことで、マイナスの影響を受けています。

一緒にいると疲れたり、お金がなくなっていったり、才能を開花させるどころか、才能を押し殺さなければならなくなったり・・・。

これは、あまり嬉しくないですよね。

お互いが、幸せになれると信じたからこそ結婚したはずなのに、なぜ、カップルによって、このような違いが出てしまうのでしょうか?

結婚の特徴

その答えは「結婚」ならではの特徴にあります。

「結婚」と言えば・・・。

そう!

「制約」です(笑)

もちろん、「愛」と答える人もいるかもしれません。

でも、結婚が「制約」だからこそ「縛られたくない」という話が出てくるわけです。

「結婚は足かせ」「結婚に縛られたくない」など、多くの人が「結婚=制限」だと考えています。

浮気しないと誓った以上、これからは一人の人しか愛せない。

結婚相手の面倒を見たり、結婚相手の夢や仕事に、自分の人生が影響を受けなければならない。

確かに、その通り。

でも、この「制約」にこそ、恩恵につながる秘密があるのです!

結婚がもたらす恩恵

結婚は「制限」であり「制約」です。

しかし・・・。

ここが非常に重要なのです!

実は「制約」が「成功夫婦」になれるかどうかのポイントでもあるのです。

ちょっと考えてみてください。

「制限」や「制約」って、本当に悪いことなのでしょうか?

「制限」の反対語は、もちろん「無制限」です。

「無制限」とは、「果てしないこと」であり、「切りがない」こと。

何だかとっても素敵なことのような気がしますよね。

ところが・・・。

無限に広がるものを前にすると、人は、思考停止状態になってしまうものなのです。

なぜなのでしょうか?

それは、選択肢が多過ぎて、何も考えられなくなってしまうからです。

思考停止になると、人は現状を維持します。

たとえ、それがベストな状態ではなくても、です。

つまり、何も選べなくなるのです。

それって、人生において、本当に素敵なことなのでしょうか?

「制約」が人生に与えるギフトとは?

「制限」の同義語・類語は、結婚の魅力を教えてくれます。

「制限」の同義語は「制御」、「限定」、「減軽」あるいは「指定」、「予約」。

それが「制限」や「制約」の同義語です。

例えば、無秩序な毎日と、ある程度コントロールできる毎日。

どちらが暮らしやすいでしょうか?

乗り物に乗るとしたら「自由席」と「指定席」。

どちらが快適でしょうか?

レストランに行くとしたら、たまたま立ち寄るのと「予約」していく場合。

どの様に扱われるでしょうか?

私たち夫婦は、思います。

結婚は「制限」であり「制約」です。

だからこそ「素晴らしい恩恵がある」と。

パートナーが「限定」されているからこそ、お互いの魅力を発見し合う楽しみがあるのです。

つまり、逆説的ですが、結婚したことで人生がプラスになる「成功夫婦」とは「制約」を活かす夫婦のことなのです。

結婚がプラスになるために必要な結婚の条件とは?

「制限」があるからこそ受け取れる恩恵は、お互いの魅力を発見し続けることだけではありません。

結婚という「制約」がもたらす最大の恩恵の一つは「創造的」になれることです。

「制限」があるからこそ、「制約」があるからこそ、選択肢が「限定」されるからこそ、人は、本当の意味で「創造的」になれるのです。

実は、何もかも自由なところからは創造的なアイデアが生まれにくいものです。

なぜなら、工夫する必要がないからです。

しかし、「予算がない」、「時間がない」、「パートナーと好みが違う」など、「制約」があることで、人は、その条件の中で、何とかベストな結果を出そうとして、これまでとは違う発想やアイデアにたどり着くことができるのです。

「制約」があるからこそ、何とかしようとする。

そこに、ブレイクスルーが生まれるのです!

例えば、自分の意見はA案、結婚相手の意見はB案だとします。

この時、結婚がプラスになる人は、どちらかが、ただ我慢するのではなく、何とかしてどちらも納得できるC案を考え出そうとする人たちです。

その積み重ねが、あなたを次のステージへと引き上げてくれます。

そして、結婚することで「健康」、「才能」、「収入」へのプラスの影響という形で、あなたの人生に、恩恵を与えてくれるのです。

あなたは、より柔軟性に富み、交渉上手になり、より創造的になっていく。

その結果、あなたは収入面でも、才能面でもプラスの恩恵を受けることができるのです。

また、A案とB案が対立した際、互いに我慢するのではなく、どちらも納得できるC案を考えようと力を合わせることで、相互理解も深まり、夫婦関係も良くなります。

その結果、免疫機能が活性化し、健康にもプラスの効果が得ることができます。

反対に、結婚がマイナスになる人たちは、この時、A案かB案の二択からしか選べないと決めつけてしまう人たちです。

相手との関係を思って、自分の望まない案に、ただ黙って従えば、相手のせいで自分の人生を思うように生きることができないと感じ、結婚は窮屈で苦しいものだと感じてしまいます。

かといって、強引に自分の選択肢を相手に押し付けてしまえば、パートナーとの関係は険悪でぎくしゃくしたものになってしまうことでしょう。

ここから、ほとんどの人が理想の結婚について、誤解している、あることがわかります。

本当に理想的な結婚に必要な条件とは?

ほとんどの人が誤解していること。

それは「何もかも自分の思い通りになる結婚」こそが最高だと思い込んでいることです。

なぜなら、一見、理想的とも思える「何もかも自分の願い通りになる結婚」では、結婚から得られるせっかくのプラスの恩恵を受けることが難しいからです。

思い通りにならないところがあるからこそ、工夫が生まれる。

そのことで、自分の「創造性」」が刺激され、才能が開花する。

それが、「結婚」ならではの実に面白いところなのです。

だから、あなたが結婚でプラスの恩恵を十分に受けたいなら、何もかも自分の思い通りの結婚生活が送れる相手を探そうとはしないことです。

そして、あなたが今、結婚生活の「制約」のせいで、思い通りにいかず、四苦八苦しているなら、あなたは今、自分がより「創造的」になれるチャンスを目の前にしていることになります。

新しい「創造的」な自分と出会える。

それが、結婚生活で得られるプラスの恩恵を受けている人の特徴なのです。

ABOUT ME
赤城夫婦
「7つの習慣・結婚編」の日本人初の公認講師。 オンライン動画の受講生は2万人を超え、世界45ヶ国に広がる。著書「マリッジ・プレミアム-仕事の成功を約束する結婚生活の送り方」は2万部のロングセラー。夫婦で、執筆・講演・コンサルティングを行う。最新刊は「家族>仕事で生きる。」夫は、マスターズ水泳で日本ランキング2位。妻は、京都大学大学院(MBA)を修了。現在、京都在住。
幸せな結婚を実現するための
7つのステップ

理想のパートナーと出会って幸せな結婚をしたいと思う方へ。7つのステップを着実に実践することで、きっとあなたが望んだ未来へ近づくでしょう。58分の音声セミナーを聞きながら、今すぐ新しい人生を踏みだしてください。

 今すぐ音声セミナーを聞く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です